2019年6月

The car stable is a very flavorful place. It shows a variety of royal vehicles from the Royal Carriage to the Rolls Royce. The stables can accommodate 30 horses and settle here. King George’s Golden Horse Carriage in 1762 Also shown here.

Founded in 1834 by Charles Henry Harold, Harrods has a history of nearly 180 years and has grown into a world-renowned shopping haven. Covering an area of ​​4.5 acres, it has 330 departments offering a wide range of products and services, including the most complete range of British local brands, Harold's own brands and all international luxury brands. Harrods has a palace-like palatial style, and the interior is full of Egyptian features. Of course, the most eye-catching is the underground 1 floor of Harold, the Princess of Diana and the monument of her lover Fayyad. Fayyad gave Diana's diamond ring.

The British Library in London is one of the most well-known libraries in the world today. It is also one of the world's largest collections of books and historical materials. The library has more than 1 million readers per year. The museum has more than 150 million collections, including all written materials since the writing: books, periodicals, scripts, maps, scores, newspapers and photographic images, as well as audio recordings of all text and spoken language.

King's Cross Railway Station is located in the King's Cross area of ​​central London and was commissioned in 1852. It is one of the oldest railway stations in London. The King's Cross Station is not only the southern terminal of the main railway on the east coast of the British Rail Link, but also a lot of openings. The route to the east and north of Scotland, England, connects many big cities, and its west side is close to the terminal of the Eurostar international train, St. Pancras. A sign was placed on the wall between the two stations at the 9th and 10th stations of King's Cross Railway Station, and there was a baggage car hidden in the wall. Let a lot of magic fans have a lot of fun in reality.

The Borrow Market is located in the London Borough of Southwark, London. It is like a gourmet business card in London. It is not only the favorite food market in the hearts of gourmets, but also praised by countless chefs. Every booth in the Boro market has undergone the most rigorous quality testing, and the quality guarantee makes people feel at ease. A rich and varied cuisine The Boro market has a long history and was first built in the 13th century and has always been known for its freshness

1. 伦敦图书馆(The London Library)

伦敦图书馆已经成立了70多年,著名作家狄更斯、萨克雷、艾略特乔治都是这里的成员和赞助人。

这里给大家提供了数百万册的各色图书,想要借阅书籍的话你可以支付一定的会员费,一般情况下年费是375英镑,临时通行费用是10英镑/天或者是50英镑/周,并且借阅的时候可以保持很长一段时间哦,除非下一个会员点名需要这本书。

地址:14 St James's Square, St. James's, London SW1Y 4LG

开放时间:

周一至周三 09:30–20:00

周四至周六 09:30–17:30

周日 休息

ロンドン図書館は70年以上前から存在しており、有名な作家ディケンズ、サクレ、エリオットジョージがここにメンバーであり常連客です。

色々な色の本が何百万本もありますが、本を借りたい場合は一定の会費を払うことができます一般的に、年会費は375ポンド、一時的な通行料は10ポンド/週または50ポンド/週です。そして、次のメンバーがこの本を必要としていない限り、借りている間それを長期間保持できます。

住所:14セントジェームズスクエア、セントジェームズ、ロンドンSW1Y 4LG

営業時間:

月曜日〜水曜日09:30〜20:00

木曜日から土曜日 09:30〜17:30

日曜日に休む

1971年に設立されたロンドンブックフェア(LBF)は、フランクフルトブックフェアに次いで世界で2番目に大きい国際書籍の著作権フェアです。2016年ロンドンブックフェアは、4月12日にロンドンのオリンピアコンベンション&エキシビションセンターで開催され、100カ国以上から1,000人以上の出展者が集まりました。チャイナパビリオンは、北京、江蘇省、江西省、浙江省、河南省、遼寧省など9つの省や都市から33人の出版社で構成され、1,000冊以上の書籍を集め、他の国の出版社との業界対話や文化交流を行っています。またもっと多様。カラフルな本の展示に加えて、中国国際出版グループはこの本フェアのための文化的なイベントをいくつか計画しています。それは文化交流とマーケティングプロモーションの統合を深め、重要な本の影響を高めました。ShakespeareとTang Xianzuの400周年を記念して、China International Publishing GroupとDolphin Publishing Houseは、ブックフェアの最中に「Peony Pavilion」と「Six Shakespeare Tragedy」の本の最初の本とセミナーを開催しました。
駐日中国大使館のシャルゲー会長であるNi Jianは、昨年の英国訪問中に中国のXi Jinping大統領が特に唐XianzuとShakespeareの死後400周年を祝ったと述べ、両国間の交流と相互理解を深めました。数年前、ユネスコは今年、偉大な作家や劇作家であるシェークスピア、タン・シャンズ、セルバンテスを記念することを決めました。London International Book Fairには、出版社、文学ブローカー、コンテンツプロバイダ、卸売業者、流通業者、インターネットサービスプロバイダ、出版社、サービスプロバイダ、書店、ブックパッカーなどの幅広い出展者がいます。ディーラー 展覧会では、人々が意見を交換したり、テレビ映画やデジタルチャンネルでの交渉や商業的な協力だけでなく、本について討論したり、印刷したり出版したりしました。London Book Fairは出版社が書籍の著作権取引、書籍の取引、製品サービスの交換を行うためのプラットフォームで、毎年世界中から業界の専門家が集まり、セミナーなどのイベントが開催されます。ロンドンブックフェアは、国際的な出版業界に成長した世界的な集まりです。業界の専門家がビジネスの窓口を取り、顧客や業界とコミュニケーションを取り、新しいビジネスを採用し、新しい技術を学ぶための優れたプラットフォームとなるだけではありません。

展示範囲
本:本、雑誌、新聞、漫画本、定期刊行物、eラーニングソフトウェア、デジタル出版技術、小説、詩およびノンフィクション文学、教育書、教科書、漫画、漫画、科学文学、学術作品、オーディオブック、子供向けおよび思春期向けの読み物、アート作品、地図、ガイドブック、地球儀、宗教書、新聞、教育書店ソフトウェア、自然科学書、人文科学および社会科学書、論説集、デジタル出版、関連科学研究機関など。本、コミック、電子メディアおよびカレンダー、アート、地図、雑誌、新聞、科学および教育用製品、ならびに関連する研究機関。

ショーでのオンサイト活動:著作権の売買、新しいパートナーシップの確立、新しいビジネスチャンスの開拓、業界の最新動向の理解、そして質の高い作品の発見。

市場の状況
市場価値の観点から、英国の出版市場は2014年に0.3%成長して163億米ドルに達し、2010年から2014年の間に年平均変化率は-2%となった。加速されて、2014-2019年の間の複合年間成長率は1.5%であると予想されます2019年の終わりまでに、英国の出版市場は2014年から8%の増加である176億ドルに達すると予想されます。カテゴリー内訳では、英国最大の出版市場である本が2014年に68億ドルの収益を上げ、英国市場の総価値の約42%を占めました。地理的な区分に関しては、イギリスはヨーロッパの出版市場の価値の14%を占め、ドイツは22.6%、フランスは14.1%、イタリアは8.6%、スペインは4.4%、そしてヨーロッパの残りの地域は36.4%を占めます。英国の出版市場はここ数年で小幅の落ち込みが続いていますが、市場は回復すると予想されます。

王室馬車からロールスロイスまでさまざまな王室車が並び、ここには30頭の馬が収容でき、ここに住むことができます。こちらもご覧ください。

チャールズヘンリーハロルドによって1834年に設立され、ハロッズはほぼ180年の歴史を持ち、世界的に有名なショッピング天国に成長しました。4.5エーカーの面積をカバーし、それは英国の地元のブランド、ハロルド自身のブランドのすべての国際的な高級ブランドを含む幅広い製品やサービスを提供する330の部門を持っています。Harrodsは宮殿風の宮殿風で、内装はエジプトの特徴が溢れていますもちろん、最も目を引くのはハロルドの地下1階、ダイアナ妃、そして恋人のFayyadの記念碑です。 FayyadがDianaのダイヤモンドリングを贈りました。

ロンドンの大英図書館は、今日世界で最も有名な図書館の1つであり、世界最大の書籍や歴史資料のコレクションでもあり、年間100万人以上の読者がいます。博物館には、本、定期刊行物、台本、地図、スコア、新聞、写真画像のほか、すべてのテキストおよび話されている言語の音声録音など、執筆以来のすべての書かれた資料を含む1億5000万以上のコレクションがあります。

キングスクロス駅はロンドン中心部のキングスクロス地区にあり、1852年に発注されたもので、ロンドン最古の鉄道駅の1つであり、英国鉄道駅の東海岸にある主要鉄道の南端だけでなく、たくさんの開口部があります。イングランドのスコットランドの東と北へのルートは多くの大都市を結んでおり、その西側はユーロスター国際列車のセントパンクラスの終点の近くにあります。キングスクロス駅の9番目と10番目の駅の2つの駅の間の壁に看板が置かれ、その中に手荷物車が隠されていた。多くのマジックファンが実際に多くの楽しみを持っているようにしなさい。

ボローマーケットはロンドンのサウスワークのロンドン自治区にあり、ロンドンのグルメ名刺のようなもので、グルメの中心にあるお気に入りの食品市場であるだけでなく、数え切れないほどのシェフからも賞賛されています。ボロ市場のすべてのブースは最も厳格な品質テストを受けており、品質保証は人々を安心させます。豊かで多様な料理ボロ市場は長い歴史があり、13世紀に建てられ、その新鮮さで常に知られています。

水曜日から土曜日まで小売市場に追いついて、そして様々な種類の有機果物と野菜から、すぐに食べられるカキ、手作りのチーズ、焼きたてのパン、アラビア料理までの伝統的な調理済み食品、ダチョウの卵、キジから食品の販売が見事です。素晴らしい食材を待って、あなたは間違いなくここで新鮮な本格的な英国料理を味わうことができるでしょう。昼食時には、たくさんの若いサラリーマンがここで食べ物やその場で作ったサンドイッチ、様々な具を使ったハンバーガーなどを食べに来ています。

大的LBF周一会议Quantum将于2019年3月11日再次举行。一场全球会议,来自超过25个不同国家的演讲嘉宾和与会者,在接下来的三天伦敦书展上提出了议程。合作伙伴Nielsen Book提供宝贵的见解和数据,该计划将涵盖紧迫的出版挑战,机遇,良好实践和全球出版领域的状态。主题将包括非小说; 音频; 独立出版; AI和机器学习; 语音第一本书的发现等等。

下午部分将专注于更广泛的创意产业,尤其关注电视。LBF的合作伙伴BAFTA正在协助下午会议的节目安排。它将以一致的创意产业主题和演讲者为特色,包括:合作和良好实践; 伙伴关系; 改编 - 生产者正在寻找什么; 出版商作为媒体公司; 充分利用图书IP和儿童娱乐。量子是LBF本身之后三天的议程制定者。高质量的主题演讲和演讲者,对话和案例研究的充满活力的组合,都由数据支持,是一个全面的,鼓舞人心的计划。

The ever-popular LBF Monday conference, Quantum, takes place once again on 11 March 2019. A global conference, with speakers and attendees hailing from over 25 different nations, it cements the agenda for the following three days of The London Book Fair. With partner Nielsen Book providing invaluable insight and data, the programme will encompass the pressing publishing challenges, opportunities, good practice and the state of the global publishing scene. Themes will include non-fiction; audio; independent publishing; AI and machine learning; voice first book discovery and more.

The Afternoon segment will focus in on the broader creative industries, with particular focus on TV. LBF’s partners BAFTA are assisting with the programming of the afternoon sessions. It will feature aligned creative industry themes and speakers including: collaboration and good practice; partnerships; adaptations- what producers are looking for; publishers as media companies; making the most of book IP, and children's entertainment. Quantum is the agenda-setter for the three days following at LBF itself. An energising mix of top quality keynotes and speakers, In-conversations, and case studies, all backed up by data, makes for a comprehensive, and inspiring programme.